”会社に雇われないで、パソコン一台で暮らす”

あなたが仕事をしている場所、本当に正しい?

 

手に入れたいもの

一日中、パソコンを触る日々・・・

すみません!

また、更新が遅れてしまいました。

実は、法人様のサイトを作るのに、新しいサイト作成ソフト、Adobe Museを使い始めたのですが、その使い方に戸惑ってしまい、一日中それを勉強し続けておりました。

昨日、ようやく一週間ほど経って、自分が描きたいイメージのものを作れるようになったので、ようやく本番のサイト作成に入っていこうと思います。

いや~、僕はダメですね。

一度、それを始めるとそればっかりになってしまいます。

 

でも、これって結構大事なんですよね。

何か好きなものを見つけて一心不乱に頑張る。

中々大人になるとできなくなることだと思います。

 

僕は結構幸運なのかもしれません。

会社に入って、ブラックな職場体験して、転職して、解雇されて・・・

最後には、本当に心から楽しめる仕事に出会うことが出来ました。

もう、15時間とかぶっ続けでソフトをいじくっていましたけど、ようやくやりたいことが出来たときは何とも言えない爽快感を得ることが出来ました。

好きなことだと、肉体が限界を超えちゃうんですね。笑

いつもの僕だと、三時間くらいしか仕事出来ません。

 

二年前から言っているように、仕事は場所を間違えると上手くいきません。

長く続けれなかったり、情熱が沸かなかったり、全てが嫌になったり・・・

とにかく、最初は自分が働く場所が大事なのです。

あなたの働いている場所は正しいですか?

ジム・ロジャーズも同じようなことを言っていた!

ちょっと前に、三大投資家の本を買いあさっていると言いましたが、中でも相当面白くて勉強になる本がありました。

冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマートという本です。

 

この本は凄く面白いですよ。

ジョージ・ソロスとかの本は超難しくて中々理解できないのですが、ジム・ロジャーズの本は分かりやすくて勉強になります。

てか、根本的思考がとても好きで、どこか、成毛さん的風格を表しています。

  • 世界のトップエリートの思考とはどのようなものか?
  • トップの人間達はどのように、この世界を見ているか?
  • これから発展していくであろう国はどこか?
  • これから僕たちはどのように行動していくべきなのか?
  • 現在の世界情勢はどうなっているのか?

こういったものが、たった一冊の本から沢山学ぶことが出来ます。

この本は絶対に読むべきです。

たった1,600円くらいの本で、信じられないくらい色んなことが学べます。

自分が知るべきことは何か?、自分がどう考える必要があるのか?

この本読みながら、色々と思考を繰り返してみてください。

で、この本の中にこんな一説がありました。

 

自分の娘を含め、私はあらゆる人たちにこうアドバイスしたい。

給料がいくらかと問う前に、それが本当に間違いのない仕事なのか?

そこが本当にいるべき場所なのか?を考えろ、と。

正しい場所で、正しい仕事をしていれば、お金は後からついてくる。

お金の方で、必ずあなたを見つけ出してくれるはずだ。

お金は一番最後に考えるべきことなのである。

~冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマートより抜粋~

 

どうです?

世界最大級のお金持ちがこのような発言ですよ・・・。笑

その辺の若造が言っているワケではありません!

世界を動かしている人間がこう言っているのです。

 

いかに自分が仕事するのに最適な場所を見つけられるか?が大事だと分かるでしょう。

僕も、投資という仕事に進んだほうが、お金持ちにはなれるかもしれません。

だけども、やっぱりアフィリエイトっていうか、マーケティングの方が楽しいんですね。

市場を分析するツールとして、投資という分野は興味があるし、勉強していきたいとは思うんですが、その方面での仕事(商社とか)にはやはり興味がありませんからね、やっぱり自分が好きな分野に進んでいると言えます。

本当に好きな分野では、自分が発展させたいと考える!

法人の社長様にもお会いして思ったし、以前、居酒屋で出会った社長と飲んだ時も思いました。

やっぱりその仕事が好きな人たちってみんな輝いていますね。

勿論、儲ける儲けないもそうなんですが、ひたすら色んなアイディアを考えているんですよ。

 

「こうしたいと思っている!」

「あぁしたいと思っている!」

 

必ず、僕が面白いと思った人間はこういうことを嬉しそうに語ってきます。

こんなこと、四六時中考えられるとすれば、その仕事は大好きなはずです。

いわゆる天職というやつです。

好きこそものの上手なれっていう言葉もありますから、四六時中夢中になれていれば、そりゃあ上達しますよ(^ ^)

物事が上手くいきだせば、更にその仕事が楽しくなります。

 

実際に、転職なんかしなくても、ある程度のことは自分で勉強できるはずです。

あぁ、こういう仕事やってみたいな!そう思ったら、それ関係の本を読んで、実際に自分が何ができるか考えてみる!

現実を知って、そこでやっぱり駄目だったな!って思えば、次のやりたいことを探して、具体的なイメージを高めてみる・・・。

こうやっていけば、いつか自分の好きな仕事に巡り合えるはずです。

誰しもが、自分から動こうとせず、チャンスが向こうからやってくると思っている!

そんなことはありません。

自ら情報を求め、やりたいものを見つけ出し、天職を見つけ出さなければならないのです。

もし、プライベートな時間に仕事のことを考えたくないのなら、その仕事は辞めるべき!

ちょっと極端に言わせてもらうとするならば、もし、プライベートの時間などに仕事の事を考えるのが嫌な人は、その仕事を辞めていいと思っています。

所詮食うためだけの仕事をしているのです。

だから、いつまで経っても成長しないし、楽しくない!

世間では、仕事とプライベート分けて考えろ!とかよく言われていますし、仕事人間を良く思わない人もたくさんいると思います。

 

けど、別に仕事人間良くないですか?

僕も昔は、仕事人間になるのが嫌だったし、今無料配布中の電子書籍の中でもそのように書いています。

しかし、この仕事始めて変わりました。

本当に心から仕事が楽しいと、愚痴を吐くわけでもないし、楽しいのです。

仕事人間が良くないというのは、大抵会社側の都合に合わせないといけないから、プライベートの時間がなくなってしまうことです。

全く家庭の時間をとれない会社が悪いでしょう。

 

仕事は人生の大半を占めるものです。

その仕事が楽しくないなんて、拷問としか思えません。

速攻で会社なんて辞めてください。

入社して、一、二年は社会のことが分かっていなくて仕事を辞めようと思っているかもしれませんが、社会に出て、何年も経っているのに、その仕事が楽しくないなんて、人生が勿体なさすぎです。

 

何でも言っていますが、人生一回きりです。

あなたがやりたいように、好きなことを思いっきり挑戦してみてください!

つまらん場所で、無駄な時間を過ごしている暇はありませんよ。

すぐに時間は過ぎていきますから。

ただ結果だけは出さなければならない!

一応、上の記事で一度終わっていたのですが、追記で書くべきことを書いておこうと思います。

僕は好きなことをやれ!とは言っていますが、こういう言い方をすると、こう聞こえてしまうかもしれません・・・

 

好きな仕事であれば、結果を出さなくてもいいんだよ・・・

 

これは、大きな間違いです!

何が何でも、仕事は結果を出さなければなりません!

結果を出せない人間というのはゴミです!

僕も、法人様から仕事の依頼を受けたはいいが、結果を出せないのならば、僕はゴミです。

もう、結果を出せないということはどんな理由を付けようが、カッコ悪いし、意味がありません。

カス人間です。

 

社会は厳しいです。

なんか最近、自分でも綺麗ごとばかり言ってしまうな~と思っていたのですが、ハッキリ言っておかないと勘違いする人がいるでしょうから、この際言っておきます。

会社だろうが、自分でやろうが、社会人になったら結果がすべて!

過程も糞もありません!

毅然たる結果が、その人の人間を作り出します・・・

 

「わぁ~よく頑張ったね!」

 

上司に対して、こういう、淡い期待を抱いてお褒めの言葉を頂こうとしている新入社員はいると思いますが、

そんなものはありません。

結果さえ出せば、褒めてもらえます。

頑張った!頑張っていない!そんなものは誰も気にしません。

 

結果を出せば、あなたが進んだ道は金になり

結果を出せなければ、あなたが進んだ道はカスとなります。

 

会社辞めてもいいんだよ!

失敗してもいいんだよ!

自分の好きなことやっていいんだよ!

自由に生きていいんだよ!

 

どうも最近甘い言葉ばかりの記事を書いてしまいましたが、普通に仕事をする上で、「絶対に結果だけは出す!」という考えだけは忘れないでほしいと思います。

今度、これにまつわる記事も書きますね。

それでは今日は、これくらいで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。