”会社に雇われないで、パソコン一台で暮らす”

やる気が出ない時、何もしたくない時に試してほしい!エネルギー力を高め、10倍の行動力を引き出す方法①!

   2016/06/19

やる気満々

完全にエネルギーが枯渇してしまった数日間・・・

お久しぶりです。

情熱自由人でございます。

ここ一週間ほど、全く記事を更新していなかったので、また情熱がサボってやがる・・・そう思われた方も多数いらっしゃると思います。笑

 

はい!

確かに、サボっていました・・・笑

 

ただ、言い訳をさせてもらうと、完全にサボっていたというワケではなく、急激にやる気の低下が起きたことが原因でした。

ここ最近、いきなり月間数百万円の売り上げを上げる法人様のサイトを作ることになり、自分のサイトの売り上げが落ちたことから、「その底上げをしなければ」と考えることになり、新しいサイト作成ソフトの勉強をしなければならなかったりと、色々と積み重なって自分に負荷がかかりました。

人間、やることが一篇に増えすぎると、かなりモチベーションが低下して、やる気がなくなったり、何もする気になれなかったりします。

まさに、その状態が、ホンのちょっと前の僕だったのです。

 

やらなければならない・・・

これからがお前の人生の楽しい所だろ!

ここで頑張らないとどうする!

 

こんな声を自らに掛け続けるのですが、それも無駄なことでした・・・

人間、中々やる気が失われると、モチベーションを高めることが出来ません。

自分に負荷がかかりすぎたことで、僕の脳みそも、体も、いつものように正常に働かなくなり、一向に行動に移すことが出来ませんでした。

 

皆さんもこんな経験は何度かあると思います!

やらないといけない!ってことが分かっているのに、どうしても行動に移せない、移したとしても、ダラダラとした行動になってしまい、全く生産性のある活動が出来ていない!

とても辛く、耐えきれない想いを感じる日々だと思います。

しかし!

今回、僕はこういった状況から、脱出すべく行動を開始し、自分のエネルギー力を最高潮にまで高め、行動力を10倍上げる方法に成功しました

おそらく、どんな方でもこのやり方をやれば、自分のやる気を取り戻し、最高に充実した日々を暮らせるようになると思います。

是非、やる気を失ってしまったり、何か成し遂げたいことがあるのに、行動が続かない人は試してみて下さい。

人間の基本的な原則を知ろう!

これから、僕の実際の体験による、様々なモチベーションの上げ方を語っていくのですが、その前に!

まず、大事な原則として知っておかなければならないことがあります・・・

それは、

 

人間は、苦痛を避け、快楽を求める生き物だということ

 

です。

これは、どんな偉い学者や、偉い経営者、偉業を成し遂げたようなスポーツマンなどでも共通して適用される大大大原則です!

例えば、アインシュタイン!

相対性理論や光粒子仮説による光の粒子と波動の二重性など誰もが思いつかないような発見をしていますが、結論的に言うと、そうした論理物理学の解明、発見が彼にとっては快楽だったと考えられます。

実際、彼が幼少期のころピタゴラスの定理の存在をしり、その美しい定理を証明するために寝る間も惜しんで自ら導きだしたと言いますから、彼にとっては、そうした謎を物理で解き明かすのが幸せであり、それ以外の学問は苦痛意外の何物でもなかったでしょう。

数学と物理は満点で、それ以外の教科がダメで一度大学にも落ちたそうですから、如何に天才と言えども、快楽を感じる行動と痛みを感じる行動とで出る結果も異なることが分かると思います。。

 

あなたはどうでしょうか?

遊ぶことが快楽?

それとも仕事をすることが快楽?

お金を稼ぐことが快楽?

寝ることが快楽?

 

逆に、遊ぶことが苦痛?

仕事が苦痛?

お金を得ることが苦痛?

寝ることが苦痛?

 

誰でも、無意識の内に快楽を得ようとしているのです・・・、そして、同時に苦痛を避けようとしている・・・

 

とっても仕事が嫌いだ!という人がいます。

しかし、嫌いと言いつつも、物凄い勢いで仕事に取り掛かり、パッパッパと終わらせる人もいますよね?

 

これは何故なのか?というと、なるべく早く終わらせて、残業しないようにする人は、その仕事を終わらせて「ホッ」とした快感を得ようとしているのです。

長くダラダラと時間をかけて仕事をするという苦痛を避け、サッと短期間で仕事を終わらせることで、快楽に変えようとしている!

これが、人間が快楽を求め、苦痛を避けようとするメカニズムなのです。

 

まだ納得できませんか?

じゃあ、歯医者なんかはどうでしょうか?

歯医者は痛みが伴いますし、あのキュインキュインした音がたまりませんよね?

しかし、多くの人が、あのイヤーな歯医者に我慢して通います。

理由は、虫歯が出来て、神経まで達すると、歯医者で治療されることなんかより、もっと痛いと頭で分かっているからです!

だから、無理やりでも僕らは、嫌な歯医者に通います。

しかし、通っていく内に、『歯医者に通う=やっぱり痛いな』という考えが脳みそに溜まっていきますから、その内、治療が終わりかけてくると、

「もう、ある程度治ったし、いいだろう・・・」

そんな考えで、通わなくなったりもします。

 

如何でしょうか?

人間が快楽を求め、苦痛を避けようとする生き物である!という根本的原則は納得して頂けたでしょうか?

では、この事実を抑えたところで、実際にやる気を高め、エネルギー量を極限まで高める方法をお伝えしていこうと思います。

まずは目標を設定し、それを行う理由を書きだそう!

さて、では早速エネルギーを高め、やる気のモチベーションを上げるために行っていくことの第一歩を教えたいと思います。

まず最初にやるべきことは、自分の目標を設定し、それを行う理由を書きだすことです。

先ほども言いました。

人間は快楽を求めて、苦痛を避けようとする生き物だと・・・

つまり、まず、自分の中で最も快楽が得られるであろう!目標を立て、その目標を達成することで得られる感情を知っておく必要があるのです。

人間は感情を求めて生きる生き物のワケですから、目指す感情がなければ頑張るエネルギーというものが沸きにくいのです。

 

僕は、目指す目標、夢として、年収1億円を達成して、経済的に心配することなく、気兼ねなく世界中で釣りをする!というモノを設定しました。

そして、それを為すための理由が、やりたいことをやれる力を手に入れて、自他共に認められる自分を作りたいから!と、こういったことを成し遂げないと、人生がつまらなくなりそうだから!あるいは、満足したといって死ねなそうだから!という理由を考えました。

自分にとっては、夢を成し遂げるに足るだけの十二分な理由です。

 

成し遂げたい夢は、一つか二つにした方がいいとは思いますが、それを成し遂げる理由はいくつも書いていた方がいいと思います。

なぜなら、成し遂げる理由が多ければ多いほど、その夢を達成しなければいけない理由が強くなるから!

 

さて、これを行うことでどうなるか?

脳に、あなたが得たい快楽の感情=夢や目標を達成すること

という情報がインプットされることになります。

人間は、快楽を求めて行動しようとする生き物なので、あなたの夢や目標が設定され、それによって得られるであろう感情が快楽として明確化されると、それを勝手に(自動的に)成し遂げようとする力がはたくようになるのです。

 

これにより、まず、最初のエネルギーが生まれてきます。

途中でも何度か話していますが、エネルギーの枯渇が促進されるのは、人間がこれからやろうとする活動を痛みとして捉えている時です。

今回の僕で言えば、山のようにある作業内容、中々進まないサイト作成作業などが悪いイメージを僕に与えることとなり、大幅なエネルギーの枯渇に影響しました。

 

ですから、あなたの目標や夢は、快楽としてイメージを植え付けなければなりません。

自分の中の夢を書き出し、それを成し遂げたい理由を挙げるだけ・・・

たった、これだけであなたの脳は考え方を変え始めるので、是非行ってみて下さい。

(※ちなみに、きちんと紙に書きだしたり、壁に張ったりしないと、すぐに忘れてしまいます。脳に快楽のイメージを与えるようにちゃんと紙に書いていつでも見られるようにしておきましょう!)

夢、目標

自分の夢や目標に対してそれは必要なのか?という問いかけと、捨てる選択!

そして、夢や目標の設定が終わったら、今度はそれを為す際の問いかけを行っていきます。

自分の行動に対して自問自答するんですね。

つまり僕であればどうするのか?

 

それは、一億円を達成するのに必要な作業か?ということを問いかけるのです。

例えば、多くの人がやってしまう無意味な行動の一つにダラダラとテレビを見てしまうことがあります。

ただ情報が流れて、それをボサーッと見るだけのテレビには、何の好影響もありませんし、いたずらに時間を浪費してしまうだけの一番の無駄な時間の使い方です。

で、テレビを見ようと思った際、あなたがもし、僕と同じ夢を持っていたらこう投げかけるのです。

「それは一億円を達成するのに必要か?」

当然、必要でないので、却下です!

捨てる作業としてリスト化しなければなりません。

 

あなたの夢や目標に対して、レベルが低い活動は何の影響も与えてはくれません。

むしろ、悪影響だけを与えてしまうでしょう。

ですから、その夢や目標に対して、それは必要なのか?という問いかけが必要なのです。

これは僕が今まで紹介してきた『断捨離』に当てはまるようなことですが、自分の行動に対しても断捨離をすることで、余計な作業をすることなく、最短最速で、自分の夢や目標を叶えられるようになります。

是非、己の中にもう一人の自分を作り出す努力をして、その行動一つ一つに意味があるのか?を問いかけられる自分になるようにしていきましょう!

夢や目標に対して必要か、そうでないものがリスト化されたらどうするか?

さて、上記の活動の中であなたにとって必要な行動、必要でない行動というものは大分見えてきたと思います。

ここからが本番です!

あなたが、必要か、必要でないかを判断し終わったら、その一つ一つの行動に”快楽”or”痛み”の感情を刷り込ませるのです。

当然ですが、必要でない行動は痛みを刷り込むのが良いでしょう。

そして、必要な行動であれば、快楽の行動を刷り込みます。

 

例を挙げます!

例えば、煙草を吸っている人がいて、それがあなたの健康を阻害し、健全な脳の働きを抑制している行為であると判断したら、それは必要でない行動と判断できます。

では、それをどう痛みに結びつけるか?

煙草の害で、痛み苦しみ、ボロボロになってしまった吐き気がするような人間の写真などを見続けるのです。

「あっ、煙草吸いたい!」

こう思った瞬間、その写真を見ます。

すると、煙草=苦痛というイメージが、脳にインプットされます。

人間は、快楽を求め、痛みを避ける生き物でしたよね?

 

ですから、喫煙=痛みとしてイメージを定着させさえすれば、あなたが頑張る必要がなく、脳が勝手に頑張ってくれるというワケなのです。

難しい禁煙も、これで難なく行うことが出来るようになります。

僕は、イメージを刷り込んだ日の一日で、タバコを辞められました。

 

宜しいでしょうか?

この作業の肝は、自分の脳に対する刷り込み作業です!

自分は意思が弱いとか、自分は継続が苦手とか、頭が悪いから!とか一切関係ありません!

自分にとって、必要な行動を快楽として植え付け、必要でない行動を苦痛として植え付けることさえ出来れば、勝手にやるべきことに対してエネルギーが沸いてきて、やるべきでないことに対してモチベーションが下がるので、やらなくなるのです。

 

僕は最近、不健康な食事ばかりを摂っていたので、食事に対してイメージが相当低下していました。

「まぁ、面倒臭いからコンビニ弁当でいいや」

「まぁ、肉食いたいから、肉でいいや」

「まぁ、寿司食いたいから、寿司でいいや」

こんな感じで、好き勝手に飯を食い散らかして、何一つ健康に対して気を使わなくなっていたんですね。

しかし、これは、脳の快楽云々ではなく、自分の体内を構成する食事なのですから、当然、キチンとしたモノを食べなければ、エネルギーも沸きませんし、脳も働きません!

ですから、僕は健康的生活を取り戻すため、このような快楽の植え付け方をやってみました。

 

ガクトの写真を壁に貼る!笑

 

お前は、乙女か!そんなこと言われそうですが、意味は全然違います。

ガクトさんは、40代にも関わらず、あり得ないほどの若さを誇っていますよね?

なぜ、あれほどまでに若く見える体を手に入れているか、ご存知でしょうか?

ガクトさんは、一日一食しか食べないからです!

ちょっと、このあたりのことについても詳しく話していきたいと思っているのですが、あまりにも長くなってしまうので、明日また続きは書こうと思います。

 

まぁ、とにもかくにも、健康的な食生活=ガクトのようないつまでも続く若々しさ!という快楽を僕は植え付けたわけです。

勿論、低レベルな食生活=”痛み”というイメージを植え付けても良かったのですが、肥満の写真くらいしか見つからず、あまり痛みとしてイメージしにくかったので、逆に、健康的な生活がもたらす快楽というものに考え方をシフトしてやってみたのです。

これは、結果的に大成功でした!

あれだけ出にくくなっていた便の詰まりも解消され、朝も夜も快調!

疲れが溜まりにくい体!というものを僕は手に入れられたのです。

 

そして、仕事に対しても、快楽のイメージを与えるためにある一つの方法をとりました。

それが、

一つの仕事を終わらせたら、褒美を与える!という作業!

パブロフの犬と同じ原理です。

自分のやるべきことを細分化し、それを期限内に約束通り成し遂げたら、自分に褒美を与え、全身で喜びを感じることを癖付けました。

すると不思議です。

 

遅々として進まなかった僕の仕事があれよあれよ!と片付き出し、一週間で計画していた作業もたった二日で終わる!という結果が手に入りました。

脳が、仕事を快楽と感じだすと、突然のように考えが色々浮かんできて、最適な答え、最適な行動を導き出してくれるようになるんですね。

これは、会社を辞めたい!と考えているような方にも抜群の効き目を発揮すると思います。

会社=快楽

これを自分の頭に刷り込めさえすれば、あなたは一気に会社が好きになり、会社に勤務することが嫌ではなくなります。

 

受け身ではなく、主導的に快楽と苦痛を決定していく!

これが、僕の今回話している内容の肝です。

これさえ行えるようになれば、いくらでも自分の人生をコントロールすることが出来るようになるし、いくらでも自分のモチベーションを高めることが出来るようになります。

自分が求めている感情を理解し、それを得るために何をどう行動するか?

さて、ここまでの作業を実際に行ってみた方はもう既に、自分の変化に気が付いていると思います。

「いつの間にか、やる気が戻っていませんか?」

そうです。

自分の夢や目標を決定し、それを為すべき理由を明確化し、そしてそれに必要でない行動や必要である行動を決め、イメージの刷り込みまで始めるようになったら、勝手にエネルギーが満ち溢れ出すのです。

もうほとんど、これであなたの成功は決まったようなもの!

あとは、それを継続していくのが大切です。

 

でもです!

ここまでやったはいいが、これだけでは、日々の暮らしに不満が出ます!

いくら、夢や目標を見定めてそれに一直線に向かっているとしても、そこは人間です。

日々の暮らしを楽しみたいですよね?

 

で、僕が取り組んだのが、今週の自分が感じたい気持ちを書き出して、それを得られる行動、結果は何か?というのを明確化したことです。

具体的な例を挙げると、このような感じ・・・

 

今週の僕が感じたい気持ち。

バイタリティー、エネルギー!

達成感と自信!

ワクワク!

爽快感!

安堵感!

 

で、その気持ちを感じるために僕が望んでいる結果。

法人LPを完成させる→安堵感、達成感と自信

法人サイトのトップページの作成を完了させる→安堵感、達成感と自信

ブラックバスを5匹釣る→ワクワク

食事の改善で、疲れにくい体を手に入れる→バイタリティー、エネルギー

温泉でゆったりする→安堵感、爽快感

面白そうな旅行先を見つける→ワクワク

ボクシングで気分を変える→バイタリティー、エネルギー、爽快感

 

今週の僕はこのようなものを手に入れたい感情の目標として設定し、それを得るための結果を上記のようなものとしました。

実際に、得られた感情もあったし、まだ得られていない感情もあります!

でも、大きなカギとなっているのは、行動を出来たか?出来なかったか?ではなく、その感情を得られたか?得られなかったか?に着目したところです。

今週の活動で、僕は大きな喜びと自信が手に入りました。

「あぁ、なんだ、こうしたら人生って楽しく生きられるんじゃん!」

それに気が付くことが出来たのです。

 

活動の内容は、当然夢である一億円を達成して、世界中を回るための行動に直結していますし、日々の活動が、得たい感情を得るための活動なので、脳と体が喜んで自分を支援してくれるようになります。

つまり、やる気とエネルギーに満ち溢れ、バイタリティー溢れる活動が出来ている!ということなのです。

 

さて、今まで脳を自分で操作することで、エネルギーを高め、自分のモチベーションを高める事がこうも簡単に出来るということを説明してきましたが、如何だったでしょうか?

それなりに新しい気付きを得られた人もいるでしょうし、もう既に自分のやる気が出てきた!なんて人もいるかと思います。

しかし、これだけではまだ、不十分です。

 

途中でもお話ししたように、健康的な面でのエネルギー量を増やす話、余計なことをしないことで、エネルギーの無駄な消費を無くす話、言葉や運動によって自分の能力を高める話、などで、もっともっと自分のやる気を引き出すことが出来ます。

明日は、具体的に僕がどのような食生活を送り、どのような活動を行ったか?

このことを話に盛り込んだエネルギーを高め、行動を10倍に引き上げる方法をお伝えしていこうと思います。

それでは、また明日!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。