”会社に雇われないで、パソコン一台で暮らす”

アフィリエイトって何?本当に稼げるの?

   2016/03/16

アフィリエイトって何?

アフィリエイトってどんなもの?

僕がパソコン一台で生活できるのも、インターネットを使った「アフィリエイトビジネス」というものが存在するからです。

アフィリエイトとは、広告代理店のようなもので、自分が作ったサイトに広告を貼り付け、そのサイトからユーザーが商品を購入してくれたらその商品購入額の数パーセントが手に入るビジネスモデルです。

詳しいことはこの記事で後々紹介しますが、僕はこのアフィリエイトビジネスを始めることによって、自由な時間と経済力を手に入れました。

今回の記事では、そのアフィリエイトの魅力と可能性!

このことについて語っていこうと思います。

アフィリエイトは正式なビジネスです。

僕が推奨するインターネットビジネス、「アフィリエイト」ですが、未だに怪しいビジネスだと思っている人は大勢いますね。笑

本当に怪しいビジネスだったら、企業が広告を出すことはありませんし、警察が取り締まって、逮捕者が数万人くらいでるのではないでしょうか?(^ ^)

少なくとも、僕はアフィリエイトを怪しいビジネスだと思っていませんし、本当に稼げるビジネスだと思っています。

てか、サラリーマン時代より、ガチで毎月稼いでいますからね。

 

なぜ、このビジネスが怪しい、胡散臭いと呼ばれるのか?

そして、実質どのようなビジネスなのか?

本当に個人でも稼げるビジネスなのか?

順番にみていきましょう。

 

まず、アフィリエイトビジネスが怪しいと呼ばれる理由ですが、これは、アフィリエイトのやり方を紹介している『情報販売者』が、詐欺のような商品を沢山売ったり、アホのように過剰な稼いでいるアピールをしたことに原因があります

例えば、有名なアフィリエイターに与沢翼さんという方がいますよね?

与沢翼

出典:NAVERまとめ

彼は、20代前半で自分で会社を興し、何億ものお金を稼ぐ会社を起こしたものの、会社が倒産し、手元にわずか十万円のお金から残らない状態から、アフィリエイトで復活しました。

そのスピード、なんと、会社が倒産してからたったの一年で12億円を稼ぐほどの圧倒的スピードだったのです。

普通では考えられないような異常売上げです。

まぁ、結局資金がショートして、倒産しましたが・・・(今は、マカオで株とギャンブルで稼いでいるようです。)

 

では、その与沢翼さんが、どのようにアフィリエイトで稼いだかというと、先ほども話した情報販売です。

僕は実際にその商品を買っていませんし、具体的なものは分かりませんが、概要としては「彼が倒産する前の会社で作っていた帝王学の学び方」的なものを販売したそうです。

恐らく、20代前半でどうやって自分が会社を興し、どうやって稼いできたのか?をPDFにまとめて販売していたのでしょう。

もし、そのPDFを3万円程度で売っていたとしたら、1,000人買えば、3,000万円、1万人買えば、3億というお金を稼ぐことが出来ます。

実際には、そこまで商品が売れることはないですから、一定の実績(例えば、先ほど述べた3,000万円)を作って、その実績を元に、更に、高い商品を売ったり、人を大量に集めるための広告を打って、稼いだようです。

 

誰でも、三ヶ月とか半年足らずで3,000万円稼いだ!とか言われたら、中身が気になりますよね?

そういった形で、彼は人を集め、魅了し、ドンドン収益を膨らましていきました。

しかし、中身が本当に良いものだったら良かったのでしょうが、僕の知り合いのスーパーアフィリエイターの人に話を聞くと、中身もまるでスカスカで、実際に真似できるようなものではなかったそうです。

そして、こうした中身の無い情報商材というものが、この世の中には大量に出回りました。

そしたら、本当の意味でアフィリエイトというビジネスを知らない初心者の人は騙された!と思いますよね?

そういった口コミが広がっていくうちに、アフィリエイトというビジネスモデル自体が、怪しい、胡散臭いもの!としてのイメージをかたどっていったのです。

※この記事では世沢さんのことを悪く言っているように感じた人もいるかもしれませんが、実際に僕は彼の商材などを見たこともありませんし、動画やメルマガを見る限りは、本当に凄い人だと思っています。あくまでも一般的視点から見たイメージだと思ってください。

では、本当のアフィリエイトビジネスというものはどういったものなのでしょうか?

人々のニーズとサービスを繋ぐ、橋渡しをするビジネス

僕は、人々のニーズとサービスを繋ぐ、橋渡しをしてあげる』のが、アフィリエイトというビジネスだと考えています。

もし、あなたが、中々治らない顔の湿疹に悩まされていて、その悩みを解決するクリームなどを紹介してもらえたら、ありがたいと思いませんか?

それで、顔の湿疹が本当に治らなかったら、詐欺ですが、直ぐに効き目が出てきて、完全に顔の湿疹が治ったら、心の底から感謝するはずです。

 

それが、アフィリエイトという本来のビジネスの形です。

ユーザーから感謝されるような内容のものを届けてあげるビジネスなのです。

では、具体的にどのようにしてそれを行うかというと、最初にも話したように、インターネット上に”サイト”を作成してあげて、それに商品への紹介をしてあげる広告URLを載せてあげるのです。

あなたも、インターネット上で検索すると、沢山のサイトが出てくると思いますが、その検索するキーワードに対して適切な回答が載っているサイトをクリックして閲覧しますよね?

そして、そのサイトに書いてある内容に納得したら商品を購入するわけです。

図で説明すると、こんな感じです。

アフィリエイト販売の流れ

つまりは、商品をインターネット上でサイトを作って販売し、その商品が売れたら、その販売サイトを作った人に手数料が入るので、お金が儲けられるというわけです。

商品を売ったほう、商品を購入したほう、両方にメリットがあります。

これって胡散臭いですかね?詐欺ですかね?

僕はそう思いません。

では、より具体的にアフィリエイトを行うための仕組みというものを見ていきましょう。

アフィリエイトは四つの関係から成り立つ!

基本的に、アフィリエイトというのは、四つの関係から成り立っています。

  • 商品を買う人
  • 商品を販売するサイトを作る人
  • 販売する元となる商品を作っている人
  • ネット上から購入するための広告をまとめている人

の四つです。

商品を買う人と、商品を販売するサイトを作る人は先ほどの説明で分かりますし、販売する元となる商品を作っている人というのも分かりますよね?

アフィリエイトは自分で商品を開発するわけではありませんから、その広告の元となる企業が存在しているわけです。

そして、更に、その広告をまとめている人というのが存在しています。

これは、どういうことなのか?というと、『商品を販売するサイトを作る』側の人に立ってみるとすぐに理解できます。

 

アフィリエイトは、自分の作るサイトに広告を貼って商品を紹介するんでしたよね?

でも、その貼る広告はどうやって調達しますか?

わざわざ、企業に電話していたのでは大変ですし、量が限られてしまいます。

更に言ってしまえば、企業側も、たった一人の、稼げるか?稼げないか?分からないような人間と契約を結ばなければなりません。

 

ですから、その間を受け持つ中間業者が必要なのです。

これを俗にASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)と呼びます。

このASPが中間に入ってくれるおかげで、アフィリエイトサイトを作る側の人間も、商品を販売する立場の企業も、わざわざお互いに契約することなく、簡単に広告を提供し、広告を貼れるようになるのです。

アフィリエイト仕組み

アフィリエイトで貼るための広告というのは、ASPから無料で提供されているので、様々なジャンルの様々な商品が、作ったサイトで掲載できるようになります。

ですから、アフィリエイトというものは、ほとんど無料に近い状態でビジネスを始められて、お金を稼ぐ可能性を秘めたビジネスなのです。

じゃあ本当に稼げるの?

さて、ここまでの説明で、大体アフィリエイトの概要、ビジネスの仕組みというものは見えてきたかと思います。

でも、最も気になるのは、本当に稼げるの?

ということですよね?

 

本当に稼げます。

こちらの画像を見てください。

僕が実際に短月で稼いでいるASPの情報欄の一部です。

A8net

アフィリエイトB

これは、先ほど紹介したASPのA8netと呼ばれる会社と、アフィリエイトBと呼ばれる会社でのアフィリエイト報酬です。

大きく稼ぎ出したのが、2015年の9月、10月くらいからなのですが、おおよそ毎月40万円程度のお金を発生させていると思います。

他にも契約しているASPがいくつかありますから、それを加えると、もっと稼いでいます。

これは、サイトを作成し、物が売れ始めてからほとんど手を加えていません。

つまり、何もしなくても、勝手にネット上で作ったサイトが物を販売し、稼いでくれているのです。

 

だから、アフィリエイトは楽してお金を儲けられるビジネスだと言われています

まぁ、最初に売れるサイトを作るってのが難しいんですけどね。笑

普通に考えてみれば分かることです。

インターネットを利用している人はこの世でどれくらいますか?

信じられないほど沢山いるはずです。

そして、そうした人達に24時間、フルでサイトが活動し続け、物を勝手に売り続けているのです。

だから、たった一人でも多額の金額を稼げるビジネスモデルだと言われているのです。

アフィリエイト市場というのはドンドン伸びる?

アフィリエイトというのは、何も知らない人、怪しいと疑って手を出さない人達が存在するのとは裏腹に、今後もドンドン伸びていくでしょう。

2015年の調査では、ついに1,500億円を越えてきたそうです。

それだけ、ネットで物を買う人も増えてきたということですね。

有名なホリエモンチャンネルでも、こんな形で語られています。

まぁ、僕も一人のアフィリエイターとして、世間的な冷たい見下し方をされるのは我慢できませんから、これからは、アフィリエイトがもっと世間的な地位を獲得し、立派な職業だと認められるような活動をしていきたいと思います。

もし、あなたがアフィリエイトを胡散臭いビジネスだと思い、はなっから手を出さないようににしていなければ、いずれ後悔するときがくるかもしれませんよ?(^ ^)笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。