”会社に雇われないで、パソコン一台で暮らす”

結果が出ない人に覚えておいて欲しい五つの決まりごと!

 

何もかもうまくいなかない時

結果が出せる人と出せない人との大きな違いとは?

僕は、そこそこ波乱万丈的な人生を歩んでいます。

最初の職場が鬼のように働かせるブラック職場だったり、会社を解雇されたり、ホームレスになったり・・・

かなり上手く行かない人生を歩んでいる方でしょう。

しかしながらです。

一応それなりに”結果”というものは出せていると思います。

 

高校では、入社した当初、ケツから三番だった成績だったのに、最後に猛烈に勉強し、国立の大学に受かりました。(高いレベルの学校ではなく、かなり普通の高校です。)

最初はクソみたいに仕事出来ない人間だったのに、一応は工事の一責任者として全てを任せてもらいました。

転職でも、解雇はされはしたものの、世間では一流と称される大企業に入社しました。

インターネットでも、時間はかかったものの、今では普通のサラリーマンより多めの金額を稼げるようになりました。

 

運はないのかもしれませんが、自分がやろうと思ったことに対して、結果だけは一応残してきたのです。

ですから、偉そうに感じられるかもしれませんが、本日の記事では結果が出ない人と、結果が出せる人の”明暗を分ける五つの部分”というものを書き綴っていこうと思います。

これを覚えておくだけで、これから何か?をやり遂げようとする方は満足のいく結果を得られるようになると思います。

参考にしてみて下さい。

自分を完全に信用せよ!

僕がこれまで出会ってきた人間の中で、必ずっと言っていいほど結果を出す人間はこういう気質を持っているように思います。

 

出来ない自分はあり得ない!

 

自惚れに近いものがあるかもしれませんが、圧倒的自尊心です!

僕も、どんな物事に対してにせよ、こうした確信に近いものを持っています。

つまり、これまで経験してきた人生の中で”自分が出来そうだ!”と思っていたことは全部成し遂げられてきたから、新しい壁にぶつかっても、「何で出来ないんだ?あり得ない!」と思っているのです。

だから、上手くいかないことがあっても、絶対に諦めません。

何としても成し遂げないと気がすまなくなるのです。

 

これが、結果を出すための一つ目の秘訣です。

自分を完璧に信用すること!

そして、出来ない自分はあり得ない!と思うのです。

そうすれば、どんな困難が差し迫っても、途中で逃げ出したりせず、結果が出るまで頑張り続けられます。

結果というものは最終的に出ればそれでいいのです。

早かろうが、遅かろうが関係ありません。

出来ない自分はあり得ない!をプライドに、最後まで自分を支えられるようになるのです。

 

「まぁ、俺(私)だから仕様がないっか!」

 

これが、結果を出せない人に多い、”仕様がない思考”です。

もう、この思考をしてしまうと、全部がどうでも良くなってしまうんですよ。

だから、細かい気配りや、結果を出すための最善の方法を死ぬ気で考えない!

そして、肝心な部分を継続できないですぐに物事を諦めてしまいます。

 

これまで結果が出せてこなかった人からすると、「結果が今まで出せていないから、仕方がないだろう!」と考えるかもしれませんが、大丈夫です。

これから、小さな成功体験を積み重ねれば良いのです。

 

僕がですね、一番苦労をした時は、最初の会社で入った時の仕事です。

もう、本当に僕は仕事が出来なかった!

だから、全ての自信が打ち砕かれました。

そして、俺なんかダメだ!何にも出来ない!と思い込んでしまったんです。

だから、本当にダメになった。

 

でも、そこから立ち上がれた理由は、片付け!

物を捨てる!という成功体験でした。

 

これは、物凄く自分の自信を取り戻させてくれました。

何もかも上手くいっていなかった僕に、久しぶりに、「部屋や仕事場や身の回りを綺麗に出来た!」っていう成功体験を与えてくれたんです。

だから、そこからは、どんな小さな出来事でも、徹底的にやりきりました。

自分に自信を持たせるためです。

 

すると、不思議です。

あれだけ複雑で、難しく感じていた、施工管理という仕事自体も、段々と「自分だったらやれる!」と思えるようになってきました。

そして、最後には、実際に結果も残すことが出来たのです。

これは、自分の能力を超えて結果を出せるようになったという良い証明になるのではないでしょうか?

 

ですから、結果が出ない人は、まずは成功体験を小さくでもいいから作ってください。

家の片付けでもいい、朝のウォーキングでもいい、早寝早起きの習慣でもいいです!

この「自分は出来るんだ!」っていう成功体験が、後々大きな物事を為すときでも自信に繋がってきます。

 

これは、結果を出すための壁が高ければ高いほど、やり遂げられたとき、後々の難しい仕事や困難な出来事に遭遇しても、自分を信じられるようになります。

ですからまず、結果が出せていない人は、今の問題を取り組む前に、小さな結果を自分の中に刻み込んでいきましょう。

そして、その自信を元に、段々とハードルを高くしていくのです。

このやり方で、まずは自分が出来ないことなどないんだ!という圧倒的自尊心を取り戻してみてください。

自分を信用できない人間などに、絶対物事は成し遂げられないのですから!

現実と理想のギャップを確実に埋める!

このブログでは何度もお話をしてきたのですが、目標を達成するためには、綿密な計画、具体的なイメージというものが必要となります。

結果を出せない人に共通するダメな部分で、その物事を成す為の具体的イメージを沸かしきれない!というものがあります。

こうなったら、こうなるよな?

こうしちゃうと、こうなってしまう可能性がある・・・

このような、物事の道筋というものは、ハッキリと答えとして導きだしておかないと、後々大きな方向転換を余儀なくされ、しまいには結果が出せない!というコトになりかねません。

 

例えば、引越しです。

引越しなんか、結構簡単なようですが、それでも考えなければいけないことは沢山ありますよね?

どの場所に住むか?

どれくらいお金が掛かるのか?

どういった条件を求めるのか?

荷造りにはどれくらいのダンボールが必要か?

どれくらい時間がかかるのか?

どの引越し業者に頼むのか?

どうやったら、安いお金で引越しできるのか?

 

結果を出せない人は、こういった引越しに必要とされる問題点、課題点というのを中々思いつきません。

漠然としたイメージのまま、物事を始めようとしてしまうのです。

例が引越しだったので、大抵の人が、ある程度やるべきこととか、必要なものとかが瞬時に浮かんだかもしれませんが、これが、自分がやったこと無いこととかになると、全くその課題に対して、問題点が見えなくなる人が多いのです。

これは、経験がないから仕方ないという部分もありますが、可能な限り、成功させるための前提条件というものをあらかじめ把握しておく必要があります

経験者に話を聞いたり、本を読んだり、インターネットで調べたり・・・どんな方法にしろ、今の世の中だったら、調べてみたらやらないといけないことが見えてきますよね?

そこで、現状の自分と重ね合わせながらイメージをより具体的に想像しておくのです。(他人の真似だけではなく、自分の状況というのも考慮できないと、失敗してしまいます。)

 

前も言いましたが、ここでは悲観的になる必要があります

こうなっちゃわないかな?

こうやっちゃたら、こうなるんではなかろうか?

もっと、大事な部分ってないかな?

こんな考えを強く考えられる人だけが、行動を起こしたときに躓きやすい箇所というのを事前に把握して、失敗しないように出来ますから!

 

得たい結果を得るための要素というのは、誰しもが考えることではありますが、ここで「これでもか!」というほど、真剣に考えられない人に、得たい結果というは中々得られません。

本当に具体的なイメージが出来ているか?紙に書いて、自分の思考が本当に正しいのか?足りていない考えがないか?チェックしてみましょう。

この段階で、結果を出せる人との差は大きく開いていると思いますよ!

どこが重要なポイントなのか?の把握!

結構、難しいことではあるのですが、その物事を成功させるための重要ポイントというのは把握する必要があります。

いくら綿密にイメージを把握しておこうが、その事柄通りに物事は進まないもの・・・

これさえやっておけば!というのは見つけなければなりません。

先ほどの引越しの例でいけばお金です!

 

いくら良い条件の家、いくら丁寧な引越し業者、いくら素早く引越しが出来たとしても、お金が足りなければ何にもなりませんよね?

それは当たり前のことなんですが、他の物事に置き換えると、そこには重要な点があるということを忘れてしまう人は多いです。

そして、大抵物事を失敗する人は、その物事にどんな重要な点が隠されているか?を見つけ出すことが出来ません。

なぜなら、あなたが置かれている環境において何が重要か?理解していないからです。

 

学校においては、良い点数を取ること!が重要な点でした。

しかし、社会においては、「利益を出すこと」とか、「顧客満足度を高めること」とか、「安全を守ること」とか、重要なことがいくらでも切り替わってしまいます。

だからそういった部分を早い段階で押さえておきます。

今僕がしているアフィリエイトに関しても、そういった重要なことというのがあります。

「キーワードの選定」、「ターゲットの選定」、「売れる商品の選定」などです。

 

こういったことを把握しないまま、物事を始めてしまうと、思うような結果というのは得られません。

ただ、「知る」のではなく、体レベルで、「理解する」

少し、感覚に近いものかもしれませんが、あらゆる情報を、繰り返し吸収していくと、同じような情報が出てくるので理解できるはずです。

情報は、一つに限らずに、いくつかの媒体から仕入れるようにして、重要な点は何か?を徹底的に頭に叩き込みましょう!

効率化できないか?出した方法が果たして、一番簡単なのか?自らに問いかける!

物事をやり遂げる完璧なイメージが出来た!重要な点も完璧に抑えた!

でも、どういうやり方が一番簡単なのか?までしっかりと考えなければなりません。

物事は、成し遂げるのに、物凄いエネルギーを消費してしまいます。

そして、自分が持っているエネルギー量が足りなくなると、どうしても行動に不具合が発生しだし、思考もにぶり、思うような結果が出せないということになりかねません。

 

ですから、どうにかどうにか、この物事は簡略化できないだろうか?と、いつも自分に問うのです。

これも癖付けが必要です。

かなり優秀な上司、先輩、コーチなどが付いていてくれれば、その”簡略化思考”、”ついで思考”を教えてくれるのでしょうが、そういった優秀な人間が回りにいない場合は、自分で問いかけるように忘れないでください。

紙に書いて、自分の部屋に書いておくといいですよ。

 

「そのやり方は、簡単か?一番、楽か?」

 

自分の考えた計画に対して、疑問を持てるようになると思います。

ド真剣に、超集中して、素早く行う!

結果が出せない人の特徴として、行動に移すときの、ダラダラ感があります。

もうやることが明確になって、大事な部分を押さえたのなら、一気にやっちゃってください!

もう、集中力が切れたりするようなら、やらない方がマシなくらいです。

 

めちゃくちゃ仕事を頑張っているように見えて、全く結果が残せない人が特に多いんですが、ダラダラといつまでも一つのことを続けてしまう人がいます。

色々問題が出てきてしまって、考えているのでしょうが、一向に前に進めないなら思い切って辞めましょう!

僕は人間の集中力は一時間が限界だと思っています。(好きなことを除く・・・)

明日に回すか、時間を空けて別のことをやっておくか?臨機応変に対応してください。

思いがけず、後でやってみると簡単だったということは良くあることなのですから。

 

ちなみに、自分が出来る最速の動きで行動をやることで、脳みそというのは活性化されます。

中々物事が前に進まないような人は、自分の行動スピードというものに疑問を持って下さい。

 

あと、行動に移そうとするとモチベーションが下がる方も多いと思いますが、それは行動に移さないからです。

これも以前書いた気がしますが、モチベーションとは、先に来るものではなく、行動に移した後に来るものなのです。

簡単にこなせることから、パパパパッと終わらせて、モチベーションを喚起させましょう。

いきなり、大きな問題から取り掛かるのだけは避けてください。

それだけしかやらない!

人間欲が深いので、あれもこれもとやりたがるもの!

でも、先ほども言ったように人間のエネルギー量というものは、決まっています。

あれもこれもと手を出さず、絶対に結果が出したいものから、一つずつ終わらしていきましょう。

 

仕事が絶対に上手くいくようにしたいのなら仕事だけを!

恋愛が上手くいかせたいのなら、恋愛だけを!

健康を良くしたいのなら、健康だけに意識を集中した行動をするべきです。

 

全部が上手くいっている人も見かけるとは思いますが、それはそれ!

結果が出せていない人なんかは、あれもこれもと手を出しても、何一つ上手くいかなくなるのです。

 

捨ててください!

 

厳しいようですが、手に入れたいものを一つに絞らないと望んだ結果なんて得られませんよ!

後から、何とでもなるんです。

まずは一つ!

これだけは!っていうものを決めるのです。

そして、その物事が上手くいき出してから、他のものに手を付けたらいい!

何一つ上手くいかない人間が、全部を手に入れようと模索することは愚の骨頂でしかありません。

 

僕がホームレスになってから、稼げるようになるまで、ほとんど仕事以外のことは何もしませんでした。

たまーに、友人に誘われてカラオケに行くくらいです。

遊びも恋も、健康も何一つ考えなかった!

だからそれなりに、いい金額を稼げるようになったのです。

甘い言葉を言うのは簡単ですが、現実は甘いもんじゃありません。

たった一つのことだけに、集中して、自分の全てを捧げてみては如何でしょうか?

自分に甘いと結果は出ない!

さて、一応、結果を出すために必要な五つのことを話してきましたがどうだったでしょうか?

結局、いつも記事で書いているようなことが大半でしたね。笑

でも、書いていて思ったのは、やっぱり、自分に甘いと結果は中々出ないんだなぁ~と思いました。

 

自分を信用しきれない人は、すぐに物事を諦めてしまったり、小さなことをちゃんとやり遂げなかったり・・・

結果を出すための筋道や大事な部分を捕らえられない人は、”考える”ということを苦手としちゃって、放棄したり・・・

中々行動に移せなかったり、集中してやれない人は、真剣に物事に取り組んでいなかったり・・・

何もかも手に入れようと、あれもこれもと手を出してしまったり・・・

 

結局、全部が自分の弱さです。

本当に結果が欲しいのなら、やれることを全てやり切って、「何で上手くいかないんだ?上手くいかないはずがないのに・・・」と思えるくらいの努力をしていくべきだと思います。

さて、僕も今年の目標(年収1000万円)を達成するために、全力を尽くさねば・・・汗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. てゅねひら より:

    情熱さん、こんばんは。てゅねひらです。
    今回も記事読ませていただきました。

    そして感じたのは結果の有無って結局やる気次第なのかなということです。
    やる気というのは気合とか根性ではなくて、目的の達成をどれくらい望んでいるかということ、執念とも言えるかもしれません。

    バーゲンに出陣するレディたちや熱狂的なアイドルファンの人、重度のゲーマーの方とかを見るとよく思うのです。「よくそこまでやるなぁ」と。
    事前情報の収集、状況把握に自分の能力の把握、そしてライバルに勝つための自分だけのテクニックの習得、本当に凄まじいと思います。
    私には絶対に無理です。出来るできないよりもまずそこまでやる気になれない。なぜならそれにより得られる報酬にさほど興味がないから。
    だから動きに手抜きが見られ、結局負けてしまう。
    一方彼らにとってはその報酬はまさに命。むしろ人生そのものかも知れない。
    だから一見大変な作業に思えることもまるで呼吸をするかのように普通にやってのけてしまう。
    何しろ彼らの人生そのものだもの。エネルギーが尽きることがないのでしょうね。

    で、このことって今回の記事に当てはまると思うのです。
    ・「出来ない自分はありえない。」と思う
    →その報酬をに命を懸けているのだから失敗は死を意味する。出来ない自分なんて考えている暇がない。

    ・現実と理想のギャップを埋める
    →報酬を得るためならどこまでも追求するはず。

    ・物事の簡略化
    →目的のためなら無尽蔵にエネルギーが出るはずなのでむしろ簡略化の必要がない

    ・超集中してすばやく
    →むしろやりたいことなのでどこまでも集中するしすぐに動ける

    ・それしかやらない
    →むしろそれしかやりたくない。

    と、こんな感じで。少し無理がある気もしますが、心から欲しいものの前では無意味のはずです。

    ただ、私もそうですが、成果が出ない人の「成果」というものは心から求めていないのかもしれません。
    特に仕方なくやってる仕事なんかは心の奥底から望んでいることでないから、必ずあるところで「そこまでやらなくても」という感情が芽生えてしまうと思うのです。で、執念が薄ければ薄いほどその諦めラインは浅くなる。なので結果がでない。と。

    となると、情熱さんがいつも仰っている自分に正直に過ごすことが、成果を出す一番の近道なのかもしれませんね。

    はい、相変わらず長文失礼しました。
    次回も楽しみにしています。

    • zyounetu より:

      てゅねひらさん、こんばんは!
      いつもコメントありがとうございます。

      今回のご意見、ごもっともだと思います。
      結果を出すためには、それを得たいと思う執念のようなものが必要でしょうね。(^ ^)

      そうでないと、いつまで経っても結果は出ないでしょうし、頑張り続けることができません。
      ただ、今回の記事は、それほどの望みをもってしても、結果が出せない人に対して記事を綴ってみました。

      僕は、仕事が出来なかった時、一生懸命やってはいていたものの、どうしても結果が出せなかった。
      その理由は、

      自信を失ってしまっていた。
      仕事のイメージをしっかりと想像しないといけないことを知らなかった。
      物事には簡略化できる部分があると気がつけなかった。
      毎日やらないといけないことなので、ダラダラとやってしまった
      本当は仕事が出来るようになりたかったのに、他のコトにも手を出してしまった。

      などがありました。
      なので、当時の自分を振り返り、結果を出したいのに出せない人は、この部分が足りていないことに気がつけていないのではないか?
      「じゃあ、こんな記事でも役に立つんじゃないか?」と思い、記事を書いてみました。
      できれば、何も世の中を知らない新卒の子などに読んで欲しいですね。(^ ^)

      そして、てゅねひらさんのおっしゃって下さった通り、自分に正直に生きるのが大事ですよね。
      いくら頑張ろうと思っても、自分が心から望んでいないような場所では、頑張ろうにも頑張れませんから。
      本当、素直に生きるのが、一番だと思います。

  2. たなやん より:

    前のブログの時から毎回興味深く読ませていただいております。
    以前「5年後、10年後を考えて怖くならないですか?」と質問させて頂きましたが、今回まさに自分が一番問題視してる事についてのブログでした。

    読み進めていくうちに、今でこそ結果を出せていないけれど、基本的な考え方は情熱さんに通ずる部分がある!
    そう思えたら自分は正しい!って思えて安心というか、自信を持って進める気がしました。(もちろん諦める気なんてハナから無かったですが)
    いつも情熱さんのブログに身が引き締まる思いです。

    今でこそ雇われの身ですが、資格を取れたら独立して自分の店を持つのが目標!
    僕にもこれまで情熱さんほどではないですが紆余曲折あったので、その過程で培われた経験を信じてまずは年収1000万を目指します!!

    余談ですが、先日、当会計事務所の関与先の社長さん(贈答用のお茶・海苔を作っている会社)と話した際に情熱さんの話をしたのですが、そしたらその社長がアフィリエイターを探していて、販路を開拓したいと言い出しまして…(売りたい物は粉末の抹茶ラテ)

    万が一、情熱さんがこういった依頼をお受けして頂けるとしたら、どのような経緯でやりとりし、手数料はどれくらいになりますでしょうか?
    無論、情熱さんの仕事のスタンスがありますし、突然なのでコイツ怪しいなと思われて当然ですから、不審に思われたら断って頂いて構いません。
    このような場でしか手段を思いつきませんでしたので、大変失礼なお願いではありますが、御一考頂けたら幸いです。

    • zyounetu より:

      たなやんさん、お久しぶりです。
      コメントありがとうございました。

      こういったコメントを頂けるだけでも、僕自身も身が引き締まっているので、頑張れます。
      こちらこそありがとうございます。

      アフィリエイターを探されている社長様がいらっしゃるということですが、
      こちらとしましては大歓迎です。
      連絡先を教えて頂けるのなら、電話でまずはやり取りさせて頂いて、納得いく結果を出せそうなら、直接お会いしてサイトの作成をしていく!
      という形をとらせていただこうかと思います。

      ちなみに手数料ですが、100%成果報酬で結構です。
      大体の収益予想を立て、それに対して何パーセントかのマージンを頂くという形ですね。
      固定費を頂けるのなら、それに越したことはありませんが・・・

      もし、本当に提携していただけるのなら、https://ssl.form-mailer.jp/fms/ea58701f316808の方から、連絡先と詳しい情報を送ってくださればと思います。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。