”会社に雇われないで、パソコン一台で暮らす”

会社を辞めて生きるってそんなにリスクがあるの?

 

リスク

ブログやアフィリエイトで食べていくということは、愚かな行為なんだろうか?

僕は勿論、インターネット一つで生計を立てている人を見ると、「おいおい、本当に大丈夫かよ?今は良くても、将来苦労しないか?」的な反応をしている人を良く見かけます。

僕も、この間の記事に書いた、自分の価値観を変えれば、めちゃくちゃ人生は楽になる!の中で、久しぶりに会った大学の友人達に似たようなことを言われていますよね?

多分、これが世間一般の反応でしょう!

そして、たまたま情報を漁っている際にもこんな意見を見かけました。

よく書いている人のプロフィールが分からなかったのですが、どうやら医者が本業の方のようで、若い人の間で流行っている(?)プロのブロガーという職業に対して疑念を抱かれているようでした。

「職業選択というのは、少なくとも自分の収入の範囲を決めてしまうものである」ということは事実です。「そんなの言われなくてもわかってる」って思う人も多いかもしれないけれど。
大学生くらいで、「ブログの収入が月100万円」って聞くと「すごい、うらやましい!」って思いますよね。僕もそう思う。
でも、生涯収入レベルでいうと、若い頃に専門知識や技術を身につけて、経験を積んだ人と、ブログで仲間とわいわいやって、「こんな特別な自分」をアピールして広告収入を得た人とでは、前者のほうが圧倒的に収入の平均値は高くなるはずです。

※内容を一部抜粋させて頂きました。

真っ向から否定する様子のないこのブログ記事でしたし、僕もこの記事内容を完全に否定するつもりは全く無いのですが、中身を読んでいくと上記のような内容が書かれていました。

僕が気になったのは、赤字部分で、若い頃に専門知識や技術を身につけて、経験を積んだ人の方が、収入の平均値は高くなるという部分です。

 

・・・・?

 

高くならなくないでしょうか?

 

少なくても、自分でブログを立ち上げ、マネタイズ(お金に換える)には、それ相応の技術が必要だし、人を魅了するための思考も必要だと思うからです。

確かに、僕もブログをやるだけでは意味がないと思います。

アフィリエイターのような、ターゲット選定能力や、ユーザーの問題を解決させられるような情報収集&咀嚼(そしゃく)能力、人に商品を買ってもらえるような魅力的な企画能力などが必要だと思います。

でも、少なくても、会社で「何のために働いているのか?」という疑問すら抱かずに、ただただ業務をこなしている人間よりは、自分で何とかして稼ごうとしている人の方がよっぽど、能力が磨かれていくし、お金を稼ぐとはどういうことか?が理解されていくと思います。

だから、今後も社会に必要とされる人物になり易いし、将来的にも、お金を沢山稼ぐ可能性が大きい!と考えています。

 

僕自身、元々は会社員で働いていたからよく分かりますけど、会社の中で働いていても、何の価値も生み出さず、ただただ会社にしがみついている人は驚くほど沢山います。

ただの金食い虫。

企業にいるくらいなら、自分でビジネスやって、お金を稼ぐとはどういうことなのか?もっと本質的に理解した方がいい人はいっぱいいると思うんです。

 

職業の選択で、その後の稼げる金額や自由な時間の確保というのは、紛れも無く変わっていくでしょう。

だからこそ!です。

めっちゃ高待遇の会社に入れたりした人は別!だとは思いますが、いい会社に入れなかった、いい職場に配属されなかった、いい環境に恵まれなかった人は、会社に頼るのは辞めて、自分でビジネスをやった方が良いと思うわけです。

みんながみんな、いい場所にいけたら、そりゃあ、わざわざリスクを犯してまで、自分でビジネスやろうとは思いません。

資本主義とはどういうものか?

この件に関して、どっちが正しいか?というものは個々の判断で分かれるとは思いますが、資本主義の原則から考えていくと、僕は会社で雇われて暮らそうとしていくというコトは、とても愚かな行為のように思われます。

なぜなら、この社会は資本主義であり、強い競争社会だからです。

 

かなりざっくりと説明すると資本社会とは、資本家がいて、経営者がいて、その元に集う労働者がいますよね?

資本を沢山持っていれば、当然、それを元に投資を行い、会社の利益を膨らませつつ、自分の資本を増やしてもらえばいいワケですから、とても楽です。

そして、経営者というものは、自分の持てるアイディアや高い商才を生かして、事業を拡大しようとする人達です。

こちらも、中々代わりというものが利かないでしょうから、重宝される存在でしょう。

じゃあ、労働者は?

普通に現代は労働環境が整ってはきているものの、究極的にいくと利益を生み出すための商品です。

代わりが利くといったら、代わりが利きます。

経営者や資本家の心打ち次第です。

つまり、資本家や経営者と違って天井がある・・・

先ほどあった、「職業選択というのは、少なくとも自分の収入の範囲を決めてしまうものである」というものがまんま当てはまります。

 

僕は、そのどちらに就こうとする方が賢明か?を考えます。

労働者は、結局、労働者!

命運を、資本家や経営者に握られているといったら、その通りだと思います。

実際、若い頃にどっちの道を進もうとするか?決めなければ、中々そっちの道へは進むことができないでしょう。

だって、いくら労働者が頑張って剰余価値を生み出したとしても、与えられる労働価値というものは一緒なのですから。

 

一方、自分でビジネスをやり始めると、労働価値の他に、自分が生み出した剰余価値があれば、その分全て自分に返ってきます。

当然、剰余価値を生み出せなければ、利益は入ってきませんが、それを生み出そうとするスキルは、会社に雇われているときの何倍にも膨れ上がるでしょう。

とても、極端な話をしてしまいましたが、僕が言いたかったのは、資本主義である限りは、労働者になろうとすると、どうしても制限が付いてきますよ!という事。

 

運が良ければ、高い給料も貰えるし、普通の労働力で、安定して暮らせるでしょう。

でも、僕みたいに、鬼のように残業が多い職場で、安い労働力で働かされる恐れもあるし、簡単に解雇される恐れもある。

そういうリスクが雇われて生活する側にはある!ということだけは覚えておいて欲しいです。

元々、強い競争社会で生きているというのが、前提の僕らなんですから、自分がどの立場で生きようとするか?はしっかりと意識した方が良い様に思います。

そんなに難しいか?ネットで食べていくこと!

そして、僕がもう一つ気になったのは、

「稼ぐ」という観点からいえば、「ブログ飯」って、自分のライフスタイルやキャラクターを売りにしているかぎり、マイナースポーツで食べていこうとするようなものなんですよ。
どんなに突出した実力を持っていても、稼げる「天井」はそんなに高くはなく、稼げる人はごく一部です。
日本のメジャースポーツであるプロ野球では、とりあえず1軍に定着できれば、チームのファン以外にはほとんど知られていないような選手でも、数千万円くらいの年俸はもらえます。
もちろん、プロ野球選手になることそのものが「狭き門」なのですが。

というもの・・・

まぁ、この方も最後の方で、「実際にちゃんと食えている人もいて、有益な情報を本当にそれを求めている人に届けられる人がいる」という風に書かれていますが、恐らくネットビジネスで食べていくのは、相当難しく、狭き道の門!という考えはもっていらっしゃるのでしょう!

 

でも、僕から言わせて貰えば、それは、企業に雇われて生きるという選択肢も同様なんじゃないか?と思いました。

確かに、ブログなどで食べていくのは難しいと思いますが、企業に雇われながら、自分のプライベートを守ったり、満足する金額を得て生きるのも中々難しいと思います。

 

アフィリエイトで食べようとする、

企業に雇われて生きようとする!

両方を経験してきた僕だからこそ言えると思うのですが、ハッキリ言って、ネットで食べていくほうが楽で、簡単です。笑

本気で、このネットビジネスというものを勉強していけば、意見は180度変わると思います。

100%会社員で望んだ人生を手に入れるほうが難しいでしょう。

 

確かに、稼ぐまでの道のりは長かったですが、余計なストレスもなかったし、楽しかった。

自分の知らない世界を色々と知ることも出来たし、会社にいるときに比べて、大分考え方も成長したように思えました。

実際、稼げる仕組みさえ作れれば、お金も自由な時間も手に入りますしね。

モチベーションが高まります。

 

だから、なんか、この方が書いた記事が腑に落ちなかったんですよね。

とても賢明な方で、物分りの良い方だとは思うんですが、納得できない部分が色々ある・・・。

僕がこういう仕事をしているから!という主観的意見は抜きにして、現実的にもうちょっとこちらの現状知ってくださいませんか?って思っちゃいました。笑

 

今日は、何だか他人の意見を踏みにじるような書き方をしてしまって、申し訳ないと思います。

でも、ネットビジネスを怪しい仕事だとか、先を考えていない奴のように思われているのは、心外だったので(この方ではなく、これを読んだ別の方などに・・・)、ちょっと思っている気持ちを素直に書いてしまいました。

人間は、経験してきた立場や置かれている環境で、意見が色々変わりますからね(^ ^)

僕の考えでは、

 

「会社に雇われてても幸せだと感じる人は、それでいい!でも、そう感じない人は、思い切ってネットビジネスやった方がいい!」

 

そんな感じです。

以上!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。