”会社に雇われないで、パソコン一台で暮らす”

自分に自信が持てない、思った通りに事が運ばない時の解決策!

 

自信が持てない

自分の力量を超えることに手を出すのはダメなのか?

最近では、ほとんど企業サイトの作成ばかりに手をとられ、自分の他にやりたいことに手が出せていない情熱です。

初めての企業サイトの作成ということで、色んな障害が発生し、一、二ヶ月かけて作ったLP(ランディングページ)すらも後で色々もめて、公開出来ませんでした。涙

ハッキリ言って、僕自身の実力の無さがこういう結果を生んでいるのですが、いつも、サイトを作成して、とりあえずアップして、その後修正というのを繰り返すのが僕のやり方なので、とても辛いものがあります。

 

どうなるか、全く予想がつかない状況が続き、一歩も前へ進めていない焦燥感と、お金が安すぎると感じる仕事内容、また、安いとは言え、お金を貰っていることに対して対価を与えられるのか?という不安とで、夜が眠れなかったりします。

すっかり、自分の自信を失い、やる気を失ったりしました。

ただ、この仕事を引き受けたことに対して、後悔はしていません!

 

しっかりとした企業様のサイトを作り上げ、売り上げを上げようとすることは、以前から僕が言っていたリアルビジネスへの参加にも繋がってきますし、何より、成功すれば、単なる一アフィリエイターとしてではなく、社会的な繋がりを持ったWEBマーケターとしての地位を獲得出来ます。

既に、依頼を受けている法人様とお付き合いのある周りの企業が、僕に対して注目をしているそうです。

ですから、得られるお金がどうこうというよりも、社会の一員としての貢献とステータス!これを得られるチャンスというものが与えられているので、逃げる!なんて選択は僕の中にはないのです。

 

挑戦することで、怖いことは沢山あります。

自分の仕事のミスで、多額の赤字を会社にもたらしてしまったり、大勢の人の前で恥をかいてしまい、自信を喪失することもあるでしょう。

僕もこれまでそうしたことが何度もありましたし、てか、そのせいでホームレスにもなってしまっています。

この今受けている仕事もひょっとしたら、やっとここまで来た成功を棒に振る結果となるかもしれません。

でも、それで良いと思っています。

 

誰にも責任を感じず、失敗のリスクも無いアフィリエイトをただやっておけば、楽なのですが、そんな逃げの人生面白くないですから!(^ ^)

あえて、火中に飛び込むことで見えてくる世界というのは必ずあります。

僕にとってはそれが今です。

だから、後悔はしていません!

失敗しても、またゼロに戻るだけです!

これから、海外も飛び回ったり、色々な挑戦をしていこうとしているのですから、

「これくらいの試練は乗り越えなきゃね!」

って思っています。

 

しかし、カッコいいことを言うのは簡単ですが、現実というものは甘くはありません!

先ほども言ったように、結果が何も得られていないのと、前に進めていない焦燥感は、かなりのプレッシャーを自分にもたらし、僕からやる気やエネルギーを奪い取ってしまいます。

やらないといけない!と分かっているのに、体が気持ちについてきてくれないのです。

信念や想いはあるけど、どうしても目の前のことから目を背けたくなるんですね。

多分、多くの人がコレを経験したことがあるでしょうし、辛くて逃げ出したくなったことがあったはずです。

いや、ほとんどの人が逃げれるものは逃げれるでしょう!

自分で決めた事というのは、とっても約束を破りやすいからです。

 

でも、今回の件に関してはそうもいきません!

例え、物事が思い通りに行かなくても、無理やりにでも、自分の自信を取り戻し、やる気を復活させなければならないのです。

 

なので、なんとか結果を出すためにも、滅茶苦茶本を読みまくったりして、解決策探しました。

そして、やっと先が見えない挑戦を頑張れる方法を見つけました。

僕も色々試したり、悩んだりしたのですが、この方法が最も良いようなので、シェアしたいと思います。

 

これから何かに挑戦しようと思っている方、また、アフィリエイトを頑張っていこうと思っている方なんかは参考にしてみてください。

最終的な結果ではなく、一日の結果!に価値を見出す!

僕は、結構完璧主義なところがあるようです。

絶対的に結果を出さないと嫌な気分になるのです。

しかも、結構短期間で!

まぁ、ほとんどの人間がそうでしょうが・・・

 

といっても、かなり適当野郎なので、几帳面ではないのです。

ただただ、成し遂げたいと思った事柄に対して、それなりに結果がついてこないとすぐにやる気を失ってしまいます。

今までもずっとそうで、過程なんかはあまり重視していませんでした。

 

でも、今回のことに関してはそうも言っていられません。

冒頭でも言いましたように、企業ならではの色々な障害がかぶさってくるので、自分の思うような行動がとれず、ちっとも前に進んでいきません。

しかし、一年後には、それなりの結果を出すと約束しているのです!

だから、なんとか自分のモチベーションを維持して、自分の持てる全てを出し切ってから、前のめりに倒れる必要があります。

 

じゃあ、その失いかけたやる気と自信、思うように事が運ばないこの危機的状況をどう超えていけばいいのか?

 

これには、

「最終的に目指す結果ではなく、一日の自分の行動の結果にパラダイムシフトする!」

という意識の改革が必要になります。

 

これはどういうことか?

と言いますと、

 

最終的な得たい結果を出すために必要な作業量をあらかじめ自分で決定しておき、それに対して、一日一日の自分の作業を適正に行えたか?という逆算かつ、短期的結果を得る行動をとることです。

少し、言い方が難しくて分かりにくいかもしれませんが、簡単に説明するとこういうことです。

得たい結果を得られないのなら、「簡単に得られる結果」を得る方向にシフトしちゃえば?ってこと・・・

 

あなたが、ゴミ屋敷の大掃除をしようとしたとします。

本当に信じられないようなゴミの山で、庭にまでゴミが散らかりまくっていて、どこから手をつけていけばいいか分からないほどです。

しかも、かなりの敷居の広さです。

ですが、このゴミ屋敷を片付けて、完璧に綺麗にすれば、100万円貰えるとします。

では、このゴミの山をどうしますか?

 

多分、最初は手当たり次第、目の前に積まれているゴミを捨てていきますよね?

最初は、かなり順調でしょう。

ドンドン進んでいって、あっという間に家の中までたどり着けたかもしれません。

しかし、ここからが大変です。

一つ一つの家の中のモノを、使えるモノと使えないモノに分別して、それを置く場所も決めなければなりません。

しかも、既にゴミ袋に入ったモノまで一度袋を開けて確認しろ!と言われています。

一日中作業をしたのにも関わらず、その日進んだのはたったの一メートルでした・・・

来る日も来る日も作業をしますが、全く進まず、気が付けばゴミ屋敷を掃除し始めてから、一ヶ月も経っています。

でも、まだ、ゴミの仕分けは大量に残っています。

作業も日に日に進むのが遅くなり、全くと言っていいほどやる気も出なくなってきました。

これから更に、部屋の掃除機がけ、雑巾がけ、必要な品物の整理整頓、匂いの除去等やることが山盛りです。

さて、あなたはこの作業に耐えられるでしょうか?

 

この例えは、ゴミ屋敷を例えているので、少し簡単に思えるかもしれませんが、仕事や、他のやりたくないこととなると、多分、このゴミ屋敷のように、最初はやる気があっても、闇雲に作業を進めていくうちに物凄くやる気が下がったりエネルギーの高い損失が行われます。

成功したいのに、成功できない人のほとんどがこのタイプで、いざ、何らかの物事を達成しようと思っても、その莫大な作業の前に、いつの間にか自分のエネルギーが低下していって、いつしか自分を卑下し、やる気を失い、夢を諦めてしまうのです。

所謂、割に合わない作業、未来が見えない作業です。

 

今回の僕も同じようなものだと思っています。

アフィリエイトをやっている人も結構、コレと同じような感覚を感じたことがあるはずです。

コレを乗り越えるのに必要な考え方が、一日の作業への達成感を味わうことです。

先ほどのゴミ屋敷の例でいけば、今日はどれ位の作業の進行を出来たか?ではなく、あらかじめどれ位やるか?を決めておき、それを確実に実行できたか?に意識チェンジします。

同じように感じるかもしれませんが、全く違います。

 

かたや、ガムシャラに仕事を進めるだけの行為に対して、コチラは、自分の決めた一日の行為を達成したか?どうか?に目標をすり替えています。

本当に得たい結果は、得られていませんが、兎にも角にも、自分の決めた行為を達成するという結果は得られていることが分かります。

人間不思議なもので、ある一つの事柄をしっかりと達成すると、自分に自信が湧いてきて、エネルギーが生まれます

勿論、大きな事柄を成し遂げれば成し遂げられるほど、その充実感と自尊心は高まりやすくなるのですが、例え、ホンの小さなことでも、

「よし、全然進まなかったけど、今日のノルマだけはちゃんと達成した!」

と満足感を得るのです。

これが、僕の言う、最終的な結果ではなく、一日の結果にパラダイムシフトするということです。

これにより、とっても不安に感じて動けなくなる!という最悪のパターンからは逃げられるようになりました。

人間自信とやる気がなければ、行動は出来ませんし、いい仕事も出来ません!

大業を成す為には、一日一日を充実的に感じるようにコントロールする事が必要不可欠なのです。

あなたが得たい最終的な結果は、本当にあなたが決めた結果なのか?

ここで、勘違いしないで欲しいのは、このやり方は自分がやる!と決めた目標に対して、アプローチするときだけに有効です。

会社で、上司が決めたこととか、誰かがやろうと言ったことでは効果を発揮することはありません。

あくまでも自分が主体で、本当に、その行動に対しての見返りを求めているか?が重要なのです。

 

僕は今まで、本当に欲しい、望んでいる結果があれば、必ずそれは成し遂げられると思っていました。

確かに、これは間違いないです。

でも、やはりその道のりが長く、険しいものになると、大抵の人がそこに行きつくまでに挫折してしまいます。

当然、僕も今まで何度もそういうことがありました。

人間はこういう時に、やらないための言い訳を作り出すのです。

  • 割に合わない!
  • お金が安い!
  • 自分には向いていない!
  • 難し過ぎた!
  • 面倒くさい!
  • そこまで手に入れたい結果ではなかった!

もう、ほとんど天才的な言い訳です。

でも、苦痛を避けるための言い訳なので、しっかりと筋が通ったような理論になります。

 

だから、自分がコレをやりたい!と決めたやつでなければならないのです。

ただでさえ、自分が決めた事でもみんな言い訳を考えつくのが上手いのですから、他人が決めたようなことではもっと言い訳が上手くなってしまいます。

そして、”愚痴”へと走ります。

愚痴というのは最悪で、ドンドン自分の自尊心も下がっていきますし、自分が成長することはほとんどありません。

自らの成長というものは、自分が決めた事柄でしか、成長しないのです。

 

今回僕が話している内容というのは、主体性を持った人に対して、如何にしてそれを成し遂げるか?についてです。

ハナから、他人に人生を委ねているような人は、やらされている仕事や活動を辞めて、サッサと自分のやりたい!やると決めた!事柄に集中していきましょう。

他人の決めた人生を生きている限りは、一生心の底からの歓喜を味わうことはありませんので!

やるべきことを最低限に落とす!

さて、話を戻しましょう。

なんだか、今までの話を聞いていて、

「なぁんだ!どっかで聞いたことがあるような話だな!要は、自分でルールを作って、それを遵守しろってことだろ!」

と感じた方も多いと思います。

 

確かに、その通りです。

 

でも、実際にそれを実行に移し、長く続けられる人は僅かだと思います。

やらないといけない!と分かっていても、自分の決めた事だと、妥協してしまうのです

僕も、このタイプです。

何度も何度も失敗して、やる気が失ったりして、何も手付かずな日が沢山ありました。

だから、今日のブログを書いているんですけどね。笑

 

人間って本当に不思議ですよね。

あれだけ最初は、やる気満々なのに、一定の期間をあけると、またやる気が下がってくるんです。

 

継続は力なり!

 

まさに、神の言葉だと思います。

これほど、凄まじい効果を発揮し、難しいものはないと思います。

なんだかんだで、成功する奴って決めた事をキッチリとやれる人間なんですよね。

決めた事を出来ない奴が、ドンドン落ちぶれていきます。

 

 

だからといって、「継続できない自分」を正当化することは出来ません!

それじゃあ、いつまで経っても、何の結果も得られませんからね。

だからこそ、一日一日の自分の行動に対して、結果を求めるようにするのです。

そして、それを継続します!

本当に得たい結果は、遥かかなたの未来のように見える!

そして、それを実現するには、現状の自分では不可能のように思える!

だったら、それに対して、今の自分が出来ることをやり続けるしかないのではないでしょうか?

例え、それが傍から見たら、無謀な挑戦、無駄な努力のように見えてもです。

 

しかし、ここで、いくら継続が大事だと言っても、自分の限界を毎日出そうとしてもいけないのです。

本当は、自分の限界を出し続けられる人が一番です。

でも、大抵の人は、全力でやるべきことをやろうとすると、最初は出来ても、次にそれをやる時に継続出来ないからです。

 

一日、二日なら、みんなやる気を出して頑張れます。

でも、それが一週間、一ヶ月、一年ときたらどうでしょうか?

頑張れなくなります。

「頑張った!」という苦痛が脳にインプットされるのです。

 

だから、僕がたどり着いた答えが、その日一日の結果の最低限をやるべきことにする!ということでした。

例えば、将来自分が、英会話を出来るようになりたいのなら、英単語を一日一回見る!という行動を一日のやるべきことにします。

ポイントは、覚える!ということではなくて、見る!という行為に置き換えた事です。

覚える!という行為をやろうとすれば、かなりハードルが上がって、段々と継続が難しくなります。

ですが、「見る!」という行為に変えればどうでしょうか?

かなりハードルが下がって、その行動に対して、あまり苦痛を感じなくなるのです。

 

この行為には、三つのメリットがあります。

①行動に移すまでのエネルギーが少なくて済む

②継続がかなり容易になる

③人間は、一度行動を始めたらやる気が出てくる

です。

 

①の行動に移すまでのエネルギーが少なくて済む!ですが、そのまんまです。

物凄く簡単な行為を自分に課すことで、その物事に取り掛かるエネルギー量を最低限に押さえます。

大体、多くの人がやろうと決めた事のハードルが高すぎて、それに取り掛かる前に、凄くやる気が失われますが、本当に少しで終わる!という計画を立てておけば、「これくらいなら・・・」と無理やり自分を行動に向かわせることが出来ます。

ハードルを極限まで下げて、その物事に自分を向かわせるようにコントロールし、自分の夢をすぐに諦める癖を無くしていきましょう。

 

②継続がかなり容易になる!ですが、小さな目標を毎日達成していくことで得られる快楽が脳みそにインプットされていくからです。

計画を立て、それに対して、しっかりと行動をした!

たったこれだけの行為が自分に自信をもたらし、その行動に対する嫌な気持ちを打ち消してくれるのです。

 

出来れば、その行動が自分の誇りになるように、行動したかどうか?のチェックを付けていきましょう。

例え、達成したい目標に対して、本当に小さな事柄であったとしても、行動したことが自分に大きな財産として自信を与えてくれるのです。

 

③人間は、一度行動を始めたらやる気が出てくる!は、このやり方の最大のメリットです。

自分の一日のやるべき行動を最低限に落としたとしても、人間には、一貫性の法則というものが働きます

つまり、一度行動に移すと、なるべくその行動を続けようとするのです。

先ほども言っていますが、人間は最初の行動に移るまでに莫大なエネルギーを消費します。

しかし、一度行動を始めてしまうと、意外とその行動は続けられるもの!

やると決めた目標に対して、やることが少なすぎると、逆に物足りない!と思って、決めたやるべきことより多くの行動し出すワケです。

 

やる気が出ないなら、それを待つのではなく、最低限の課題を自分に課して、継続していくこと!

結果的にそれが、夢に向かった、毎日の継続に繋がり、自信のある自分を生み出してくれます。

 

まとめ

少し、長ったらしくなって読むのが疲れたでしょうから、まとめておきます。

まず、大前提として、大きく難しい結果を出すには、計画が必要だ!ということ。

そして、その結果を生み出すには、継続した努力が必要であるということ

更には、その努力の継続は、その得たい結果に対しての必要な一日の行動を決めて、遵守することが大切だということ

そして、その一日の行動のハードルを著しく下げて、確実にこなす!ことが、自信を取り戻すのにも役に立つ!ということ

 

小手先のテクニックなんかで自信を取り戻したり出来ませんし、思った通りに事が運ばないことを、別の理由に置き換えてみても結局は解決しません!

どっちにしても、逃げているだけだから!です。

自分で目標を定め、それに対しての明確なアプローチ方法を考える!

で!それを継続するために、今の自分に対して最低限のルールを課して、それを遵守していく・・・

これがシンプルだけど、一番確実かつ、王道の成功法則です。

 

結果がどうなるか?なんて、誰にも分かりません!

だけど、当たり前のように、成功する人達は、なんらかの努力をしています。

そして、それをしないからには、何も今の状況からは変わらないのです。

 

一番難しいのは、継続的な努力だと僕は思っています。

成功の法則や方法なんかは、世の中に溢れていますが、結局、ここがクリア出来ない人が多いから、多くの人が成功しないんだろうと思います。

成功は、決断から生まれ、計画に至り、実行、継続、改善と隔てて、ようやくその可能性が生まれてきます。

その一番難しい継続を補う方法が、今日の話でした。

ここで、躓く方が大半だと思うので、もし良かったら、自分の行動に取り入れてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。