”会社に雇われないで、パソコン一台で暮らす”

自己紹介

   2016/05/12

情熱自由人

自由な暮らしって何だろう?

こんにちは。

当ブログを運営している情熱自由人と言います。

現在はアフィリエイトで生計を立て、好きな時に起き、好きな時に寝て、好きな場所、好きな時間で仕事をして、海外を冒険したり、様々な人と出会ったりする!といったような自由な生活を送っています。

会社に雇われて生きていくのが無理だと分かり、色々模索していく内にいつの間にかこのような生活に落ち着くこととなりました。

 

 

実際、『自由な時間を楽しみたい』、『会社に雇われて生きたくない』、『世界中を冒険したい!』、『人生を楽しみ尽くしたい!』と思っているのにも関わらず、中々一歩を踏み出せない、どうやったらいいのか分からないと感じている人は、多いのではないでしょうか。

このブログではそんな、「人生を楽しみつくしたいけど、やり方が分からない」という人に向けた、自分なりの考え方や、やり方、経験などをご紹介していこうと思っています。

僕から発せられるメッセージが何らかの形で、あなたのより良い人生を歩むヒントになれれば、幸いです。

今の生活を始めるまでの経緯

失敗だらけの会社員時代・・・

僕は、恥ずかしながら、20代でホームレスになり、警察に110番通報された経験を持っています。

元々、大学を卒業してから、建設業界のゼネコンで働いていた僕なのですが、そこの会社が鬼のようにキツイ現場で、

  • 残業200時間以上
  • 風呂掃除から、朝の清掃
  • 毎日2時間以上もネチネチ怒られ続ける
  • 現場監督なのに、土方仕事

といったような、かなり特殊な職場でした。

 

えっ?会社員ってこんなに苦しいの?

あと40年もこんなつまらない仕事が続いていくの?

こんなんで、幸せな人生って歩めるの?

 

これが、社会人として歩き始めた当初の僕の素直な感想で、

毎日がとても辛く、

僕はうつ病寸前の事態にまで陥り、

結婚を考えていた彼女にも振られ、

全てを失ったような喪失感にいつも囚われていました。

たまに帰省して、学生時代の友人に会うも、いつも愚痴を話していたのを覚えています。

 

しかし、色々なことがありながらも、友人の助けや、家族の支えで、何とか三年間は仕事を続け、僕は転職を決意しました。

現場自体は、最悪な場所だったものの、仕事に対する自信は多少付いていたので、もっと別の職種で自分の力と可能性を試したいと思ったからです。

転職活動の際も色々あって、苦労したのですが、子供の頃の親友からの励ましや、協力もあって、最終的には、完全に畑違いの有名企業の経営コンサルタントに転職することができました。

今でも、その会社に受かった時の喜びは忘れることができません。

 

僕は本当に今までの苦労が報われたような気がして、やっと新しい人生を歩めると思い、毎日ウキウキ、ワクワクしていました。

建設業界と違って、綺麗なオフィス、パリッとしたスーツ、オシャレな人との出会いは、胸が膨らむほどの期待感を僕に与えてくれていました。

家族も大喜びし、転職に協力してくれた友人も、

「さすが、お前だ!」

と祝福の言葉を述べてくれました。

 

ですが、その新しい会社に入って、喜んだのも束の間、

たった三ヶ月で会社を解雇されてしまいました。笑

唯のアホですね。

理由は、ほんの些細な会長秘書との揉め事でした・・・。

僕は、一瞬で、天国から地獄へ落とされてしまった感じがしました。

 

僕が就職したのは、東京の港区に本社を構える会社だったので、僕も見栄を張って、家賃が10万円もするような場所に住んでしまいました。

それが、いきなり解雇されてしまったのです。

当然、家賃が払えなくなり、僕は一気に一文無しになってしまいました・・・。

そして、若干26歳でホームレスになったのです。(^ ^)

凍える真冬の空の下で、1,000円で購入した安物毛布に包まって、一夜を過ごしました。

ようやく、気温が上昇し、疲れと喪失感からウトウト瞼が重くなってきた頃、突然ダンボールをドンドンと叩かれ、警察の方にこの場所から退去するようにせがまれました。

住民の方に110番されたのでした。

 

はっきり言って、恥ずかしいやら、情けないやらで、生きていく気力すらも無くなりました。

友人との連絡も絶ち、親とも連絡を絶ち、僕は一人、今後どうやって生きていくか悩みました。

来る日も来る日も、先が見えない闇の中を歩いているような錯覚に襲われていました。

ネットビジネスとの出会い!

しかし、そんな僕ですが、2014年1月、『インターネットビジネス』というものの存在を初めて知りました。

誰に雇われることなく、たった一人でも、ビジネスを始めて、食べていける・・・

しかも、一度仕組みを作り上げてしまえば、ほとんど働かなくても、勝手にお金が入ってくる・・・・

そんなあり得ないような、でも、頭のてっぺんからつま先まで衝撃が走る、最高に魅力的な可能性に出会いました。

まさに、ホームレスにまでなってしまい、企業に雇われて生きることが不可能だと感じていた僕に、ピッタリの仕事だと直感したのです。

 

「よし、ネットビジネスで自由な時間と世界を自由に飛びまわれる経済力を得て、世界中を冒険しよう!」

 

僕の中で、新しい目標が生まれた瞬間でした。

それから、一年半という時間を経て、僕は、サラリーマン時代の月収を越えるくらいの金額を、ほとんど仕事をしないで得て、海外を冒険できるようになりました。

インターネットなので、僕が働かなくても、勝手に24時間サイトが稼いでくれ、パソコン一つで仕事もできるので、場所も時間も選びません。

ある時は、カフェで仕事をし、ある時は、仕事をしないで近くの霞ヶ浦で釣りをし、またある時は、海外に冒険をしに行く。

そんな夢のような生活を実現できたのです。

一緒に世界を冒険する仲間を増やそうと考える!

僕は現在では、そのネットビジネスを新しく入ってくれた社員の子に任せ、何もしなくてもお金が入ってきて、自由に時間を使って、どこへでも旅立てる状態にまでなりました。

寝たいときに寝、起きたいときに起き、食べたい時に食べたい物を食べ、海外に冒険しにいきたいときに冒険する!

完全に自由奔放な生活です。

しかし、自分一人で自由な時間を満喫し、世界を冒険したりしていても、感動を分かち合えないし、寂しさはぬぐいきれません。

 

自分と同じように『世界を冒険したい!』、『人生を謳歌しつくしたい!』と考えている仲間はいないだろうか?

 

こういった疑問が頭をふとよぎり、

よし!自由な時間を満喫できる仲間を作ろう!

そう決意し、仲間を増やす活動を考え付きました。

これが、当ブログを始めたきっかけです。

僕は、このブログを通して、面白い人達と繋がりたいし、また、そういう生き方に憧れている人にやり方を伝えていきたいとも考えています。

  • 毎日会社にいって、普通に生きていく人生にうんざりしている
  • 知らない世界を見てみたい
  • 毎日がワクワク・ドキドキしてみたい
  • 悔いのない人生を終えたい

このようなことを普段の生活で感じている方はいませんか?

こういった気持ちを、お持ちの方は是非、当ブログの生き方を参考にしてみてください。

そして、僕の生き方に興味を持った方は、是非、ご連絡を下さい。

一緒に、どこかワクワク・ドキドキするような場所へ冒険しに行きましょうよ(^ ^)

会社に雇われずに、人生を満喫するための七つの心得

一つ、知らない世界に飛び出して、刺激を受けるべし

二つ、常に好奇心を持って、物事を探求すべし

三つ、企業に属さずとも生きていける経済力をつけるべし

四つ、普段話さないような人間と繋がりを持ち、視野を広げるべし

五つ、心身共に鍛え、揺ぎ無い自信を掴むべし

六つ、何事にも臆さず、果敢に挑戦すべし

七つ、他人に決断を委ねず、己の責任で人生を決めるべし

情熱自由人の経歴

1987年、6月生まれ

2010年、3月、鹿児島大学工学部卒業

2010年、同4月、某建設会社入社

2013年、11月、某大手経営コンサルタント会社へ転職

2014年、2月、解雇され、ホームレスになり、110番通報される

2014年、3月、全くの知識ゼロからバイトと合わせて、インターネットビジネスを始める

2015年、8月、月収が10万円を越えたのをきっかけに、茨城県霞ヶ浦に引越し、毎日釣り三昧の日々を過ごす

2015年、9月、完全に専業となり、インターネットビジネス一本で生活を開始する。

2015年、12月、月収が60万円を越え、サラリーマン時代の月収を超える

2016年、2月、正式に役所に届出を出し、個人事業主となる、社員が一名入社する

2016年、4月、会社に雇われない暮らし方の普及活動を始める

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。